公的ローンと住宅ローン

 住宅ローンって民間のローンと公的ローンがありますよね。
公的ローンの方が安心感もあるし、それに金利だって安いのが魅力でしょう。

 ただ民間のローンには様々な種類があり、利用する人によって、公的ローンよりも支払いやすい場合もあるんでしょうね。 住宅ローンで公的ローンと言えば、住宅金融支援機構の住宅ローンですよね。 この住宅金融支援機構のローンには、フラット35や財形住宅融資があるそうです。
フラット35には、優良住宅取得支援制度というものがあり、省エネや耐震といった条件を満たす住宅であれば、最初の5年間は年0.3%という低金利で融資を受けられるという優遇措置があるとか。 こういった支援制度を上手く利用すれば、負担を減らしながら満足できる物件を購入できるかもしれませんね。
住宅のような大きな買物をする時には、公的ローンと住宅ローンって必然って感じなんでしょう。 もっと金利を安くしてもらえるいろんな制度ができればいいんだけど・・。

 若い世代でも負担なく家が買えるようになるのが理想ですよね。
公的ローンだけじゃなく、民間のローンでも、儲け主義に走るだけじゃなく、債務者の負担を少しでも減らすような制度を色々と考案してほしいわ。


低金利カードローンおすすめ!比較ランキング【今日借りる】